小児科の看護師求人の探し方

子育てをしながら小児科に勤務する

子育てをしながら小児科に勤務する

私は、大学を卒業してからこども医療センターに勤め、その後NICUに4年間在籍していました。
私には大学生の時に産んだ子供がおり、シングルマザーで看護師として勤務しました。

理想の業務内容

私の理想は、点滴や注射などをし状態に合わせたケアや看護を時間に追われることなくしていくことでした。

現実は・・

対象が新生児だったので、看護師が点滴や注射をする機会が少なく、先生の介助や点滴を取った後の管理、全身状態の看護をしていました。家族の面会も頻回にあり、家族のサポートや時間に追われることが多く、ケアができないこともありました。

理想の給料

手取り30万以上あることが理想でした。

現実は・・

夜勤の回数にもよりますが、夜勤が少ないと手取り26~27万、夜勤が多いと28~30万ほどでした。残業をしてもサービス残業になることが多かったです。
この辺の給料事情は、NICUだけではなく小児科診療のダメな点でもあります。
事例ケース)小児科で働く看護師の現実

理想のシフト

残業が少なく、夜勤がなく、子供の行事や休みの日には子供との時間が作れるなど、自分の希望が通るのが理想です。

現実は・・

NICUなので、基本的には残業が少ない方ですが、ある時には長時間あり日勤でも子供が寝たころに帰ることもありました。また、月の休み希望を聞かれるのですが、希望が通ることはありませんでした。夜勤も少なめにしてほしいと希望を出したのですが、看護師の人数の問題もあり希望は通りませんでした。

理想のキャリアプラン

4~5年以上働くと、認定看護師などの看護師の中でも専属の看護師になれるのでその試験を受けたり、働いていく中で必要そうな資格を取ったりしてスキルアップをしていくことが理想でした。

現実は・・

働いていく中で、必要そうな資格が分かっていても、時間がなく勉強ができず資格を取ることができませんでした。また、認定看護師を受けようと思うとまた1年間学校に通わなくてはいけなかったなど知らない情報が出てきて資格を取るまでに時間がかかることがネックとなり資格を取ることを諦めました。
今後は激務なNICUから、通常の小児科(外来)を行っている病院に転職する予定です。

小児科の現状

看護師の憂鬱